新型コロナ対策で今すぐ従業員に行うべきこと


~ブラック企業のレッテルを回避する~

いますぐクリックして『あなたのコミュニケーションタイプ』18問を行う >>>

現場の声を集めてみました

私たちは日ごろから面談を通して様々な生の声を聴き続けています。
新型コロナの流行を受けて、クライアントさんがこんなことをおっしゃいました。

※実際のケースをもとにした架空の事例です。


「店舗に来る方がめちゃくちゃ減ってるのに、目標っていうかノルマだけはそのままある。3月末の達成なんて無理に決まってる。そもそもこのまま人が来なかったらどうなるのかも不安だけど、自粛自粛っていう割に職場と家が近いってだけで何で私だけが出勤しなくちゃいけないのかわからない。イライラする」
40代前半 女性
 
「うちの会社はテレワークでいいっていうけど、結局自分の仕事は会社に行かないといけないし、不公平。コロナ出勤手当でも出してくれればいいのに」
30代後半 男性
 
「不要不急の外出を控えるとか、活動を自粛しろとかいうけど、仕事はやれっていうのは結局責任転嫁。病気になったら自粛しなかった俺に責任があるって絶対言うでしょ。もし言われたら辞めるよ会社。コロナで超絶ブラックが浮き彫りになるかも」
20代後半 男性
 
「うちの子はまだ小さいし、小学校が休みになったもんだからパートしてても気が気じゃない。マスク必須、花粉症なのにくしゃみしただけで避けられる気がするし、店舗の意見箱にはくしゃみする社員は休ませろとか投稿あるしなんなのって思う。小さく張り紙するだけじゃなくて、もう少しお客様に店としての方針とかわかりやすく伝えてくれればいいのに」
30代後半 女性

動揺で浮き彫りになる将来への不安

世界的な動揺は、今まさに日本社会にも影響してきています。

 
上記の声は、全て面談でのホンネがベースになっています。
コロナはあくまできっかけです。
もちろん病気の不安や生活の不安もありますが、それ以上に会社の体質や自分の将来についての不安がほとんどであることがわかります。
 
これは、コロナによって起きた社会不安が、今まで溜めていた会社に対する不満を外に出すきっかけになったということなのです。
 
「会社は何もしてくれないし、テレワーク暇だから転職エージェントに登録しました」
 
そう語った人も実際にいるほど、将来の不安が現場には溢れている。
 
ブラック企業のレッテルを避け、これから注目される企業になる為に、一人ひとりのホンネに向き合い続ける体制を作る必要があります。
将来に渡って経営を続けていける職場を作り、働く人の居場所を守ることが、今求められています。
 

会社としての対策やホンネ



「うちは10人の小さい会社だから常に濃厚接触だし、かといってテレワークなんてできないし、みんななんか上の空でピリピリしとる。取引先の対策の話とかも聞こえてくるしどうしたらいいのか」
60代 中小企業経営者
 
「うちはもう小さい会社だから、3月末まで自由出勤にしたよ。自主的フレックスタイムみたいな。パートさんも小学生の子どもが多いから一斉休校で家も空けられないし、病気も不安だっていうから。業界としてまだうちはやっていけてるけどこれからどうなるかは気になるところだよね。うちは小さいところだから人が抜けるとそれだけで困るのよ。それに、うちの転職ってなると業界を変える人が多いじゃない?うちの業界ってそんなに広い業界じゃないから、一人でも出ていって欲しくないっていうのも思うんだよね」
50代 中小企業取締役


 
どちらの方も社員さんの思い、生活、業界、会社を考え抜いている。
ただ、両者の違いは、自分だけで考えるか、社員の思いを踏まえて考えたかの違いです。
 
だからこそ、外部を活用した面談で社員の思いを紐解くことが有効です。
 

面談導入への不安をお聞きしました

◆今は面談なんてしてる場合じゃないのでは?
今だからこそ従業員一人ひとりの不安に寄り添う必要があります。
面談は1対1で行うものというのは正しいですが、web上で面談は可能ですし、電話での面談も可能です。必ずしも対面で行わなければならないというわけではありません。
 
◆導入が面倒くさいのでは?
明日から面談の予定を立てることが可能です。
私たちは、対面だけでなく、電話、メール、zoomやskypeといったインターネットツールを用いた面談を行います。場所や時間によらず対応が可能です。
 
◆面談してもコロナの不安は消えないですよね?
もちろん消えません。
ただ、今回生の声を伺ってみて確信しているのは、コロナに罹患するかどうかという不安だけではなく、会社の対応の是非や仕事の不安、自分の将来の不安といった、人生そのものに関わる不安です。
キャリアとライフの両面から寄り添うことができるのは、私たちキャリアコンサルタントです。
 

プロフィール

申し遅れました。
セルフキャリアデザイン協会で理事を務め、面談プログラム部門をまとめている木村俊夫と申します。
10年以上、人財育成に携わって参りました。
 
人には良い時も悪い時もあります。良い時はそのままでいいかもしれませんが、悪い時になると、どうしていいかもわからず、逃げたくなり、足が止まってしまいます。
良い時も悪い時もともにいてくれる相手が、これからの時代には必要です。
 
元々は私の実家も、家族経営で事業を行っておりました。父、母、祖母の典型的なさんちゃん企業です。人を雇っていたけれど、教育体制を作る余裕はありません。
仕事があるときは朝から晩まで仕事をし、少しでもなくなると社員総出で明日の仕事に不安がる。そんな環境でした。
その時に思ったのは、不安が出てから考えるより、不安が無い時からしっかりと考えていくことの大切さです。
 
VUCAの時代、これから何が起こるかわかりません。
起きることが予測できないから、どうしても対症療法となってしまいがちです。
だからこそ、起きた時に少しづつ対処できるように普段から振り返りを進めておくことが大切になってきます。
 
私たちの関わりは、ほんの1時間です。
その1時間で、一人ひとりの仕事や生活への思いに触れながら、未来を全力でデザインするための関わりをします。
 
会社は、人が創ります。
誰か一人が面談をすればいいわけではありません。
例えば、社長は理念を、取締役は社内の統制を、管理職は水平展開と育成を、メンバー一人ひとりは今自分にできることを面談を通して触れていくことで、会社となっていくと私は考えています。
 

私達の協会について

私達、セルフキャリアデザイン協会では、将来に渡って成長を続ける会社と、人の育成に携わっています。
面談を行う際は、相手の受容と共感を大切に、すっきりできる場を提供しています。
そして、人の力で社員と組織をつないでいます。
 
ではなぜ、このような支援を行うことができるのでしょうか。
1つは、幅広く多様性のあるキャリアコンサルタントと協力している為です。
◆ベンチャー企業の元経営者
◆大手企業の元執行役員
◆中堅企業の元取締役
◆中小企業の元マネジメント職
◆学生・若年者支援を中心としたのカウンセラー
◆専業主婦の経験を持つセカンドキャリアのチャレンジャー
 
また、私たちの協会は国家資格キャリアコンサルタントのスキルアップを担う更新講習を行える指定機関としての認定を取得しており、キャリアコンサルタントのスキルアップに力を入れている為です。
 
実績も大切ですが、面談は人と人との関わりであることから、相性や人柄に大きく左右されます。どのような熟練の技を持つカウンセラーでも、相手が聞いてくれなければ面談をする意味はありません。
だからこそ私たちは、厚い人材と共に面談の導入を支援することにしました。
 

外部キャリアコンサルタントが面談に必要な理由

外部として安心を担保できる
社内の人の面談では、忖度が発生する。
「空気読まないといけない」
「目は付けられたくない」
「嫌だとしても仮にも上司」
こんな前提が語られる現状、社内の面談が有効に機能しているとはいいがたい。
 
仕事も生活も扱えるのがキャリアコンサルタント
悩みや不安の中には仕事とは関係ないことや、会社にはどうしようもできない悩みも数多くある。
家族のことや病気になったらどうしようという心配、既往症の心配。
子どもの進学、新社会人になった我が子が内定保留になっている不安。
田舎の祖父母に思いを馳せる方もいれば、医療関係者であるパートナーの体調が気になる方もいる。
 
キャリアコンサルタントが取り扱うのは、一人ひとりの人生そのもの。
仕事の面からも、生活の面からもアドバイスできることが本当に活きていると思う。
 

面談サービスイメージ

あなたの成長と企業の成長を「面談」で繋ぎます。

 

 

キャリア面談の効果

 

 

実績

通建業界、小売業界、20人未満の中小企業様など
 
お客様の声
 



60代前半 中小企業経営者
「やらなくてはいけないとは思っていたけれど、実際私たちがやっても意味がないと思って後回しにしていた。教育についても、自分がどれだけ頑張ってきていても、それを教えて次に繋げられたのかはわからないし、実際に教育ができているとは思えなかった。人の成長に関わるプロに任せる安心感はあると思う」
 
30代後半 男性クライアント
「変わったっていう実感はないけれど、確かに話すことで次に進めるという気持ちが沸いてきた。弱みや直さないといけない部分も、共有してくれたおかげでより注意しなくてはと思えるようになった」


 

サービスの提供理由

「なぜ今回、面談サービスを提供することにしたのか?」
それは、人手不足による企業存続の危機を感じたからです。
今はまさに不満が顕在化しているところです。
「自分は今の職場に不満を持っていたんだ」と気づき始めています。
終息宣言が出され、社会が落ち着いた時、転職に踏み切る人も少なくないでしょう。
だからこそ、今面談を導入してあらゆる思いに触れていくことが必要です。
 
私たちの強みは、転職支援の現場をいくつも見てきたことにあります。
離職は金銭では防げません。
退職理由は人それぞれですが、お金の面を第一の理由とするケースは実は3割程度。
金銭面と同程度の転職理由となっているのが、人間関係を含めた会社の将来/自分の将来を考えた転職です。
「本当にこの会社にいて10年後、20年後暮らしていけるのだろうか」
この思いが、転職という選択を生んでいます。
 
その一方で、転職相談を受ける中で会社に残るという選択をされた方も多くみてきました。
違いは「ホンネが語れる場があるかどうか」だけです。
・ホンネをぶつけられる環境がある
・自分の将来を共に考えてくれる人がいる
しっかりと会社に残り、成長していく方がいる会社には、このような特徴があります。
 
また、私たちには自分の人生をデザインしていくことができる社会を創るという理念があります。
一人ひとりが今の環境で最大限に成長できるように、以下の3点を特徴とした支援を行っています。
●面談を一度きりで終わらせません
●メールや電話での相談体制が充実しています
●上司との面談に参加し、双方のフォローをすることが可能です
 

料金

カウンセリング料
3名まで : 60,000/月
5名まで :100,000/月
15名まで:200,000/月
 
サービス内容
●隔月1回の個別カウンセリング
●経過面談フォロー
●メール・電話等のフォロー体制
●個人目標のフォローアップ
●職場課題の抽出/報告
●個人情報の管理
 
職場課題レポートの提供について(内容の詳細)
面談内容に基づき職場のリスクをご報告します。
(例)
①メンタル:メンタル不調の傾向があるかどうかを評価
②ハラスメント:厚生労働省の基準に基づき、ハラスメントの有無やリスクを評価
③職場環境:働く際の物理的な環境、育成環境を評価
④その他リスク:コミュニケーションの問題等、現場で起きている問題を評価
 
※1回限りの面談実施も可能です。ご相談下さい。
 

導入イメージ

面談サービスの流れ

 

 
▶経過面談は20分程度の簡易なものを実施
▶面談を踏まえた研修・教育の展開が可能
▶対象者の属性によらない面談サービスの実施
 

場合によっては提供できないことがあります

自信を持っておすすめする面談サービスですが
1つだけお伝えしておかなければならないことがあります。
 
あなたがもし、面談をしなければならないから面談を依頼するのであれば。
◆面談だけしてくれれば良く、報告はいらない
◆従業員の個人情報を知りたい
◆今すぐの売上向上や節税対策として行いたい
というようなことがお望みでしたら
この面談サービスは見当違いです。
 
上記の方は、このサービスでは
ご対応が難しいと思いますので他にご依頼ください。
 
しかし、もしお望みが
◆社員と共に会社を育てていきたい
◆一人ひとりの力を引き出したい
◆将来に渡って続いていく会社を創りたい
ということでしたら、この面談サービスはきっと気に入って頂けます。
 

よくある質問



Q:今まで面談などやっていないけど大丈夫?
A:大丈夫です。私たちは最初の面談で信頼関係の構築に力を入れます。
その為、2回以上の面談実施をお勧めしています。
 
Q:どういう名目で社内根回ししたらいい?
A:教育費で賄う方を多くお見掛けします。私たちは面談に基づいた研修やセミナーなど学びの機会も提供しています。通常の月プランを教育費で、その他の突発的な面談対応を福利厚生で対応されている方もいます。
 
Q:サポートは?
A:メール、電話、web等、遠隔での相談を受け付けています。特にメールであれば時間を問わずご相談いただける為、ご好評いただいています。
 
Q:必要なもの/用意するものはある?
A:不要です。場所がなければ会議室をレンタルすることで対応可能です。
 

1.メリット

◆社外のプロとして一人ひとりの不安・不満に寄り添います
◆これからの成長を共に考え、伴走します
◆職場の課題を明確にし、改善の為のコンサルティングを行います
 

2.オファー

ご相談はこちら
ご相談はこちらから
 

3.最後に

今だからこそ、面談です。
話すことを通して、これからの仕事、生活、会社の業績など様々な不安を紐解いていくきっかけを作りましょう。
人手不足で廃業に追い込まれた中小企業は年間400件以上といわれています。
人が足りず、黒字倒産という企業も実際に数多くあります。
不安に寄り添い、これからも働いていこうと思える職場作りの為に、面談を導入してみませんか?
お問い合わせだけでも大丈夫です。
不安に染まってしまう前に、今すぐご相談下さい。



いますぐクリックして『あなたのコミュニケーションタイプ』18問を行う >>>


他のアセスメント(診断)も体験してみる >>>


お問合せはこちら >>>



キャリアコンサルタント更新講習関連記事

キャリアコンサルティング(面談)
『キャリアの専門家』が行う新しいオンライン面談サービスを実施します
新型コロナ対策で今すぐ従業員に行うべきこと

 

一般社団法人セルフキャリアデザイン協会の活動、サービスのご紹介

国家資格キャリアコンサルタント更新講習
国家資格キャリアコンサルタント試験 ~実技試験対策~
キャリアコンサルティング
ハラスメント
各種企業向け研修(教育)
アセスメント(診断)体験
職業興味検査
セルフ・キャリアドック普及活動
ストレスチェックサービス
ユースエール認定制度普及活動
労働基準関係法令違反に係る公表事案企業検索サイト
優良企業検索サイト