お知らせ

2019/12/20 【オトナンサー】【Yahoo!ニュース】に記事が投稿されました。【企業が退職予定者に「退職」を口止めする理由】

2019年12月20日、 オトナンサー、Yahoo!ニュースに当協会代表理事のキャリアコンサルタント(小野 勝弘)の記事が投稿されました。

 

【オトナンサー】に投稿されました。【企業が退職予定者に「退職」を口止めする理由】
https://otonanswer.jp/post/55540/
 
企業の中には、退職予定者に、退職することを同僚などに話さないよう口止めするケースがあるようです。どのような心理から、そうするのでしょうか。
 

一人の決断が組織に影響することも

Q.「退職2週間前までは言わないように」「私(上司)がいいと言うまでは口外しないように」などと、企業が退職予定者に口止めするのはなぜでしょうか。
 
Q.最終勤務日近くまで、退職を口止めさせる企業もあるようですが、残る社員に円滑な業務の引き継ぎができない可能性があります。企業にとってもマイナスのはずですが、なぜぎりぎりまで口止めするのでしょうか。
 
Q.「社員が辞めることを知られるのは恥だ」という企業の負い目から、メンツを保つためにぎりぎりまで口止めさせるという動機は珍しいのでしょうか。
 
Q.仮に、退職決定後に上司から「退職は最終勤務日ぎりぎりまで口外するな」と言われたとします。この場合、従った方がよいのですか。あるいは、同僚に迷惑をかけることを考えて、退職することをひそかに伝え、引き継ぎを行った方がよいのでしょうか。
 
Q.もし、企業側が退職予定者に退職を口外しないように伝えたにもかかわらず、口外されていることに気付いたとき、ペナルティーが科されることがあるのでしょうか。
 

退職に気付いたとき、周囲は?

Q.同僚が「辞めるのではないか」と、雰囲気や態度から気付くこともあるかと思います。そうしたとき、残る社員は何も聞かない方がよいのでしょうか。同僚の退職の意思が伝わるのが早いほど、引き継ぎも円滑に行われる可能性が高いと思われますが、自分たちのリスクヘッジのためにも何らかの行動を起こした方がよいのでしょうか。
 
Q.結局、退職予定者がいることを同僚に伝えるときは、いつ、どのタイミングで、どのように伝えることがベストなのでしょうか。
 

 

 

小野 勝弘(おの かつひろ)

一般社団法人セルフキャリアデザイン協会 代表理事 キャリアコンサルタント

 
キャリアコンサルタント / EAPコンサルタント / 第一種衛生管理者 / データ解析士
eMC/EAPメンタルヘルスカウンセラー / メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種合格

小野 勝弘のプロフィールの詳細はこちらから >>>


一般社団法人セルフキャリアデザイン協会の活動、サービスのご紹介

キャリアコンサルティング
ハラスメント
各種企業向け研修(教育)
アセスメント(診断)体験
職業興味検査
セルフ・キャリアドック普及活動
ストレスチェックサービス
ユースエール認定制度普及活動
国家資格キャリアコンサルタント試験 ~実技試験対策~
労働基準関係法令違反に係る公表事案企業検索サイト
優良企業検索サイト

お問合せはこちら >>>


 

『職場のパワハラ』チェックツールの体験版公開!

あなた自身の振り返りから職場環境を診断します。厚生労働省の定義を元に、実際の職場環境がイメージしやすいようにした16項目のアセスメントでパワハラが起きやすい職場かどうかをフィードバックします。また、職場で起きている出来事を、ご自身の経験に基づいた振り返りをして頂きます。職場でパワハラが本当に起きているのかを明らかにし、自分の職場への関わり方を見直す機会に繋げます。パワハラのない職場環境作りにお役立て下さい。(合計31問)

『職場のパワハラ』チェックツール体験版はこちらから